シェアハウスあれこれ

女性がルームメイトを探す際に気をつけるべきポイントと対策

 

危険なこともあるルームメイト探し

特に女性は注意が必要!

兄弟や友人とのルームシェアではなく、インターネットなどでルームメイトを探す場合、気に入った人と巡り合えるまで、面識のない人と何度も会わないといけません。相手の方が既にルームシェア物件に住んでいて、そこに入れてもらう場合ですと、そのよく知らない人の家に行くことになります。男性でも危険な場合がありますし、女性にとってはなおさらですね。

最近ではドラマやバラエティ番組の影響もあり、男女共同でのシェアを検討している女性も多いかと思います。しかし残念ながら男性の中には下心を持って女性とのルームシェアを募集していると思しき人も見受けられます。

そこで今回は、インターネットの掲示板募集などで特に危険だなと思う表現・条件・事柄を警戒度別にまとめてみようと思います。

※そのような表現・条件・事柄の方でも、中にはちゃんとした方もいますので、あくまで前もって注意をしましょうということです。

警戒度別ルームシェア募集例

警戒度:☆☆☆☆☆

  • 家賃無料
  • 家賃は○○円ですが、家事の手伝い具合や簡単なお仕事の協力次第で安くする…etc.
  • 最もらしい理由を付けるなどして顔写真を要求してくる。

警戒度:☆☆☆☆

  • 募集者が男性でその男性も住んでいるのに「女性限定」
  • 募集している人・会社のメリットがまったく想像できない。

警戒度:☆☆☆

  • 「女性限定」で年齢や職業についても指定している。
  • 家賃はまわりの相場に比べてかなり安いのに悪い条件が何もない。

警戒度:☆☆

  • 部屋数と募集人数が合わない

安全にルームメイトを探すには

女性だけの物件だけでも実は危ないことも!!

住人が全員女性であっても、家主が男性の場合には危険なケースもあります。また物件の管理会社が反社会的な団体と近しいような悪徳業者である場合も残念ながらあるようです。特に上に紹介した星5つのような募集では望まない行為や仕事を要求される可能性が極めて高いので余程のことがない限り検討されない方が賢明です。

星4つ以下のような募集も基本的には避けた方が無難です。ただルームメイトを探されている方の多くは家賃など出来るだけ良い条件でと思っているでしょうから、安全を第一に考えながらも、より多くの選択肢は残しておきたいのではないかと思います。

では、安全の為にどのように対策をしたら良いでしょうか。簡単ですぐ出来る対策を以降にまとめます。

女性がルームメイトを探す際に簡単にできる4つの対策

  • 疑問に思った際は、なぜそういう条件なのかを聞いてみて、その反応から警戒度を類推する。
  • 同じ募集サイト内の掲示板等でその募集者のトラブルが話題になっていないかチェックする。
  • 募集者名やメールアドレスをGoogleなどで検索してみて過去の募集文言やトラブルなどを確認する。
  • 部屋の見学に友人(できれば男性)や家族に付き添ってもらう、又はそうしても良いか確認を取る

~まとめ~

特に部屋の見学に関しては、友人などを連れて複数で昼間に行ったり、一人で行かなければならない場合には事前に家族や親しい友人に訪問する場所の住所を伝えておくなど、最低限の用心や対策をしておいた方が安全です。

また少し宣伝のようになってしまいますが、弊社のようなルームメイトを紹介する専門の会社に依頼すれば、お部屋見学の際には必ず付き添いますし、明らかに危ないと思われる方についてはそもそも紹介しませんので、利用いただければそういった煩わしい思いや危険な思いをせずにルームメイト探しができます。

相性や条件の適した人と始められれば多くのメリットがあり楽しいルームシェア。だからこそスタート段階であるルームメイト探しは出来る限り安全に時間を掛けてじっくりと行ってほしいと思います。

 >  ルームシェアを解消して新しい暮らしを始める時に行う4つの大切なこと