お役立ちコラム

【初めてさん向け】シェアハウスの引っ越しでかかる初期費用の内訳

シェアハウスの引っ越しでかかる初期費用の内訳は?

一人暮らしの賃貸に比べると安く済むと言われるシェアハウス。
実際、初期費用はどのくらいなのかその内訳を見てみましょう。

東京でのシェアハウスの家賃相場は約5.5万円。その場合の初期費用はおおよそ15万~20万ほどです。
物件によっては賃料と共益費合わせて3万円台の物件もありますので、そういった物件であれば初期費用もより安くなります。

運営事業者に支払う初期費用と、その他の初期費用に分けてまとめます。

【運営事業者に支払う初期費用】
・初月の日割り家賃+翌月の家賃
・初月の日割り共益費+翌月の共益費
・デポジット(保証金)
・火災保険料
・賃貸保証会社費用
・契約料

初月の日割り家賃+翌月の家賃とは?

一人暮らしの賃貸同様、家賃は前払いです。
月の途中で入居する場合、その月の家賃を日割りした金額も含め前もって支払います。

初月の日割り共益費+翌月の共益費とは?

シェアハウスの場合、設備に関する維持管理だけでなく、水道光熱費や日用消耗品代、インターネット代も含まれています。
みんなで1つ屋根の下に住むシェアハウスでは、入居者全員で同額の生活費を支払って生活するケースが多いです。
金額の相場は1〜1.5万円程度。前もって支払っているからといっても、
使用量が大幅に超えてしまうと追加の請求も発生する可能性があるので注意しましょう。

デポジット(保証金)とは?

運営事業者に預けるお金のことです。
金額の相場は1〜5万円程度。退去時の修繕費などに使われるため、敷金のような位置付けになります。
ただし、敷金とは違い必ず戻ってくるお金ではありません。
物件によって返却条件はさまざまなので確認しましょう。デポジットの設定が無い物件も多くあります。

火災保険料とは?

火災などが原因で、建物や家財が損害を受けた際に適用される保険のことです。
金額の相場は1万5千円~2万円程度(2年契約)。契約更新をする際に再び支払いが必要になります。
家財保険料に含まれている場合もあります。

賃貸保証会社費用とは?

入居者が家賃を支払えなくなった際に、保証会社に代わりに支払う義務を負ってもらうための契約費用です。
少し前までは連帯保証人を立てるのが普通でしたが、連帯保証人を立てられない人が増えた昨今では、
保証会社と契約するパターンが増えています。
物件によっては、連帯保証人も賃貸保証会社との契約も必要という場合もあるので必ず確認しましょう。
金額の相場は家賃0.5〜1ヶ月分(初年度)。1年更新の保証会社や月額固定費の保証会社があります。

契約料とは?

契約にかかる事務手数料のことです。金額の相場は1.5万円~3万円程度になります。

【その他の初期費用】
・家具家電などの処分代
・移動費

現在実家暮らしではなく一人暮らしをしている場合は、大きな家具家電の処分代やリサイクルに出す手間がかかります。
シェアハウスは備え付けが充実しているため、持参する必要がないからです。
物件によっては、持ち込みの制限がある可能性もあるので、事前に確認しましょう。
なるべく粗大ゴミで処分したり、中古品として出品したりすれば出費を抑えられますね。
不用品回収業者に頼む場合だと相場は3万円程度。
トラック1台を手配することになるので、引っ越し業者に依頼するのと変わらない金額になってしまいます。
また、長距離での引っ越しの場合は移動費もかかるので、工面しておくことをお忘れなく。

以上を踏まえると、
シェアハウスのおおよその初期費用合計は下記のようになります。

運営事業者に支払う初期費用(家賃5.5万円の場合)=15万円〜20万円
その他の費用=3万円
合計18万円〜23万円

決して安価ではありませんが、一人暮らしの場合と比べると随分リーズナブルな金額です。
物件によっては火災保険料があったり、賃貸保証会社がかかる場合もあるのでよく確認しましょう。

シェアハウスの初期費用をさらに抑えるためには?

1. 家賃がより安い部屋にする

都内でも賃料2万円台で共益費を含めても3万円台という物件があります。
月額の固定費だけでなく初期費用を抑える事にもなりますので、ぜひ探してみてください。

2. 初期費用が一律の運営事業者を選ぶ

家賃の金額に関係なく、初期費用が「一律5万円」などと固定されている運営事業者もあるので、
より費用を抑えるなら探してみましょう。

3. キャンペーンを利用する

物件によっては、契約料無料や、初月家賃半額など、キャンペーンを行っていることがあります。
期間限定だったり、入居期間の条件があったりと、お得な代わりに縛りもあるので良く確認しましょう。

・・・

いかがでしたでしょうか。
通常の一人暮らしよりもかなり費用を抑えることが出来るシェアハウス。
一人暮らしを始める際には、是非選択肢の一つに入れておきたいですね。

それでは。

 >  不動産投資としてシェアハウス物件を選ぶための4つのポイント