お役立ちコラム

コンセプトシェアハウスとは?

コンセプトシェアハウスとは?

コンセプト型シェアハウスなんて呼ばれ方もしますが、その名の通り、コンセプト(=概念)を持つシェアハウスのこと。

例えば、「都会で田舎暮らし」というコンセプトのシェアハウスであれば、
・東京なのに古民家な造りの家
・畑仕事ができる庭付き
・自然の中でDIY
・休日はみんなで山を散策
といった、そのコンセプトにちなんだ生活(空間・時間・体験)を提供してくれるんですね。

今やシェアハウスは、住まいという枠を越えて、趣味や娯楽という観点でも幅を広げつつあります。
最近ではコロナの影響からリモートワークが増えたことにより、職住融合という考え方も増えてきているようです。そのため、ビジネスを広げるという目的を持った、エンジニアさん向け、起業家さん向けのシェアハウスも出てきています。

コンセプトシェアハウスの魅力は?

さまざまなコンセプトを持つシェアハウスがたくさんありますが、魅力は「学び」や「楽しめる」という要素が入っていること。

住む家をシェアするだけでなく、趣味や娯楽、勉学やビジネスもシェアできるというのが大きな魅力です。もちろん、全てのコンセプトシェアハウスがそうとは限りませんが、ある程度コンセプトがあるシェアハウスを選ぶことで、自分が望む生活スタイルをつくりやすいのではないでしょうか。

また、コンセプトシェアハウスは同じような目的を持つ人たちが集まりやすいため、打ち解けやすいという魅力もあります。家にいながら、趣味仲間やビジネス仲間もつくれる環境というのは、コンセプトシェアハウスならではです。

コンセプトシェアハウスの注意点はある?

普通のシェアハウスに比べ、「家賃が高めになる可能性がある」ということです。

住まい以外の観点も加わるため、プラスαの設備が必要だったりします。また、定期的なイベントや交流会などがあるシェアハウスであれば、その分お金がかかることもあるかもしれません。

とは言っても、普通に一人暮らしをしている場合でも趣味や交際費などのお金は発生するわけなので、それに比べれば負担が少なく済む人もいるのではないでしょうか。

また、「より1人の時間が減る」という点も、注意すべきことかもしれません。言ってしまえば、シェアハウスの中で大半が完結するので、住人同士で時間を共有することも自然と増えます。1人で楽しむ時間もほしいという人には、交流が多い環境なのかもしれないので、入居前にどんな生活スタイルになりそうかよくイメージしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
コンセプトシェアハウスは、家にいながら好きなことをより楽しめる環境です。
コロナでおうち時間が増えた今、住まい方改革を行う良い機会かもしれません。
東京はさまざまなコンセプトを持つシェアハウスが多いので、自分好みの物件が見つかると思いますよ。
それでは。

 >  不動産投資としてシェアハウス物件を選ぶための4つのポイント