お役立ちコラム

シェアハウスで友達をつくるにはどうすれば良い?

シェアハウスで友達づくりをした方が良い理由は?

知らない人同士が集まって共同生活を送るシェアハウス。
友達づくりがしたくてシェアハウスを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

特に地方から東京に引っ越しをする場合、街の雰囲気も随分違い、土地勘もないので、シェアハウスで友達ができれば心強いですよね。東京暮らしが長い人にいろいろ教えてもらえるなんてこともあるのではないでしょうか。

シェアハウスに友達ができると、「シェアハウスで良かった」と実感できることがあります。

1. いつも誰かが居てくれる安心感

これは、「いつも1人」が当たり前の1人暮らしでは、なかなか感じることができません。家族と同じで、家に帰れば誰かが居るというのは、1人じゃないという感覚が持てるので安心感につながります。それが仲の良い友達であればなおさらですよね。
女性の場合だと特に、1人暮らしの夜の帰宅は怖い…という人も多いかもしれませんが、シェアハウスであればその不安も軽減されるのではないでしょうか。

2. 相談できる人が身近にいる心強さ

何か困った時、メールやLINEではなく、直接相談したいと思うこともありますよね。
シェアハウスであれば近くに相談相手がいる環境なので、何かあっても気軽に相談をすることができます。もちろん、個々の生活リズムや予定を尊重することが前提ですが、身近に話せる人がいるというのは心強いですよね。

3. 新しい発見がある面白さ

これまで関わったことのない人との出会いは、新しい価値観や考え方を発見させてくれます。もしかしたら、自分が気づいていなかった自分を知ることもあるかもしれません。
学校や職場ではなく、私生活の中でもさまざまな人と関わることで、人としての幅も広げられるのがシェアハウス。せっかくの環境なので、友達をつくっていろんな話ができると良いですよね。

シェアハウスで友達をつくるにはどうすれば良い?

シェアハウスに友達がいれば毎日がより有意義になりますが、友達ってそんな簡単にできるものですか…?
シェアハウスでの友達づくりをスムーズにする方法を3つご紹介します。

1. 近い年代が集まるシェアハウスを選ぶ

シェアハウスによっては、年齢制限があるところもあります。例えば、18歳?35歳までという年齢制限があるシェアハウスの場合、20代~30代の入居者が多くなります。自分に近い年代が集まるシェアハウスであれば、共通点が見つけやすく、友達をつくりやすいですよね。
反対に、年齢制限がないシェアハウスには、20代?60代まで幅広い年齢層の入居者がいます。さまざまな価値観を求める人は、あえて年齢制限のないシェアハウスを選んでみるのも良いかもしれません。

2. 日々のコミュニケーションを大切にする

共同生活が大前提のシェアハウス。人との関わりを求めてシェアハウスを選ぶ方も多いので、挨拶など日々のコミュニケーションを大切にすることで、比較的早く打ち解けられるのではないでしょうか。

3. 価値観を尊重する

いろんな価値観を持った人たちが共同生活を送るので、自分が知らなかった価値観や、もしかしたら苦手だと感じる価値観もあるかもしれません。そういう場合でも、相手を否定したりせず、尊重することで、良い関係性は長続きするはずです。
誰もが私生活の中では素が出てしまいやすいもの。相手のことをよく考えてコミュニケーションを取るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
シェアハウスに友達ができれば、毎日の私生活が楽しくなりそうですよね。
東京のシェアハウスに限らず、友達づくりは大切。まずは、自分と近い年代の人が集まるシェアハウスを見つけてみてくださいね。
それでは。

 >  不動産投資としてシェアハウス物件を選ぶための4つのポイント