お役立ちコラム

【初めてさん向け】シェアハウスの物件探しで迷わないためにはどうしたら良いの?

シェアハウスの物件探しで迷わないためにはどうしたら良いの?

物件探しは新生活スタートに向けての第一歩。引っ越しを急ぐ人は特に、なるべく迷わずに決めたいですよね。そのためには、ある程度方向性や条件を持っていることが大切。
物件探しの大まかな手順やポイントをご紹介します。

1.家賃予算とエリアを決める

現実的に生活することを考えて、家賃と住むエリアを決めましょう。
こんなシェアハウスに住んでみたい!というイメージを持つことも大切ですが、まずは「無理なく、不便なく生活できるかどうか」という点を考えるのが大切です。
この2つが決まると、ある程度物件を絞って検索ができます。

2.外装や内装の雰囲気を見る

写真をパッと見た時の第一印象で、好印象を持てるかどうか。これはとても重要です。
第一印象で良い!と思えない物件は、他の条件を満たしていたとしても、どこか決め手に欠けるもの。清潔感があって綺麗であることは大前提として、雰囲気が好みであるかどうかは重要なポイント。
自分が毎日生活をするところですから、気分が上がったり、新生活にワクワク感が膨らむような物件を選ぶのがオススメです。いろいろ見て、雰囲気の方向性を決めましょう。

3.こだわり条件を洗い出し、優先順位をつける

雰囲気の方向性が決まったら、次はこだわり条件。自分にとってここは譲れない!というポイントを洗い出してみましょう。サイトによっては、「こだわり検索」として絞り込みができるようになっているので、当てはまる項目があればチェックをつけて検索すれば、よりマッチする物件が出てくるはず。
こだわり条件は人によってさまざまかと思いますが、一例として具体的に挙げてみます。

【外装や内装の造り】

・窓が多く明るい
・天井が高い
・ウッディーで温かみがある

【間取りや設備】

自室

・多めの荷物でも大丈夫な広さ
・鍵がついている
・2階以上

共用スペース

・リビングが広い
・乾燥機がある
・駐輪場がある

【立地】

・駅近
・スーパーやコンビニが近所にある

【自室の部屋タイプ】

・1人部屋
・2人部屋
・複数人部屋

【シェアハウスの規模】

・小規模
・中規模
・大規模

【コンセプト】

・国際交流がある
・トレーニングジム付き
・庭付き
・防音室付き
・女性専用

全ての条件を満たす物件はなかなか難しいかもしれません。なので、譲れない度合いを順位付けし、妥協できる点も持っておくとより決めやすくなります。こだわり条件は、内見時のチェックポイントにもなるので、よく考えておきましょう。

こだわり条件の注意点

こだわり条件は、物件を決めやすくするための軸になりますが、注意点もあります。
それは、「こだわり条件が増えれば増えるほど、マッチする物件数は減ってしまう」ということです。
本当は見ておきたかった物件を見逃してしまうということがあり得るかもしれません。なるべくたくさんの物件数から選びたい!という人は、こだわり条件を持ちすぎないことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
初めてシェアハウスを検討する人向けに、物件探しの手順やポイントをご紹介しました。
こだわり条件をなかなか決められないという人は、まずざっと検索して、いろいろな物件を見てみること。そうすれば、自分が思うシェアハウスの方向性が定まってくるのではないでしょうか。
それでは。

 >  不動産投資としてシェアハウス物件を選ぶための4つのポイント